2008年06月13日

ネットはネットのお客様でしかない

1000人のマーケットで1億稼ぐ 松雄昭仁

ホームページを使っていろいろ稼いでみようかな、と試行錯誤している私。
その勉強のためにこの本を購入しました

1000人の顧客の作り方、作ったお客様が商品を買ってくれるためにどうするか、メルマガやHPをどのように作るか、など事細かに紹介してくれています。

それだけでも十分価値はあります

私はこの辺もまだマスターできていないので大変勉強になりましたが、それよりもタイトルにある「ネットはネットのお客様でしかない」と言うところがとても共感しました(^^)

人と人が結ばれてこそ真のビジネスだなぁ・・・と

メールやHPなど、バーチャルな世界が騒がれていますが、結局はそこだよね、自分のやろうとしていることは間違ってないかな、と改めて実感できました♪


ラベル:HP
posted by さかいえ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

目の前のことが大切

大好きなことをしてお金持ちになる 本田健

幸せなお金持ちになろう♪
と考えたはいいが、なかなか自分の中のビジョンにならない

今までお金を稼ぐと言うことは、そこそこ好きな仕事ができる職場を探して一生懸命働く、と考えていた

この「そこそこ好きな仕事」、というのが障害になっていることは私が紹介している本を読むと分かる

好きなことと得意なことは違う

私はパソコンが好きだけど、たまたま周りの人よりちょっと得意だから好きだと思ってるだけかもしれない

周りの人がすごいねって言ってくれるから好きだと思ってるだけかもしれない

眠るのも忘れるくらい夢中になれるものか?と聞かれると違う気がする(^^;

そんなこと言ったら私の好きなことって何だ?

そう考えると私の今までの仕事の仕方って好きなこと探しの渦に飲まれていたような気がする

考えても見つからない場合はどうするか?

そう、目の前の事を一生懸命やる!これにつきる、らしい

この本を読めば、今自分が何をすればいいのか、開けてくるかも


ラベル:本田健
posted by さかいえ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

自分を虐待していませんか?

きっとよくなる! 本田健

息子は勉強がキライみたいです

学校でも授業はろくに聞いてないみたい

息子を授業参観で見ると、その辺のところがよく分かります

興味の無い事を無理強いするのもどうよ?

と思うのですが、やはり学校は団体生活。
隣の人が頑張っているのにそれを邪魔するようなことはいけません

日本は苦手なことをするような教育方法です

「算数は得意だから漢字をもうちょっと頑張ろうか」

私も何度も言った事があるセリフです

本田健さんは好きなことをしよう!がモットーなので、自分の本質に合わないことはやるな!と言いますが、

う〜ん・・・

やっぱり日本でコレを行うのは勇気がいるかなぁ・・・

仕事だったらそれでもかまわないかな、と様々な本のおかげで思えるようになりましたが、小学校の勉強はどうよ?って

ほんとは同じなんだろうなぁ


posted by さかいえ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

努力してはいけない

絶対成功する千回の法則 著:斉藤一人

あるネットワークビジネスをやっている私

ネットワークビジネスは悪い印象が強すぎるが、きちんとやればすばらしいものになる。

友だちをなくすとか、借金だらけになるとか、そんなのはかなり昔の話で、今はお金儲けのためだけでやっている人のほうが少ない
おそらくそんな人は続かない。

というか、私の周りでお金儲けでネットワークビジネスを始める人はまずいない

しかし、まじめにやっていると普通のサラリーマンより稼げてしまうので、お金に走ってしまう人はいるかもしれない

その辺はアフィリエイトで稼ごうと思っている人と同じだと思う

そんな私の思いを身近な人に伝えるのがネットワークビジネスだけれど、なかなか言い出せない

やっぱり世間体はネットワークビジネスにいい印象をもっていないからだ

私自身、今付き合っている人たちの反応が怖いのだ

でも、この商品で命が助かっている人がたくさんいて、この事実をきちんと伝えれば病で苦しんでいる人はとても救われる

それは分かっているが、やっぱり言い出せない

そんなジレンマが続いていたころ、同じネットワークビジネスをやっている方から斉藤一人さんのCDをいただいた

それが、とても面白く、本も読んでみた

そこには、タイトルの「努力してはいけない」と。「努力すると不幸になる」と。

これを読んでかなり楽になった

言い出せないのはいいや、きっといえる日が来るさ、とりあえず周りの人をハッピーにする事を考えよう!と思えるようになった


ラベル:斉藤一人
posted by さかいえ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

急に成功しちゃうと

マダム・ジョーカー1 作:名香智子

名香智子さんの漫画は大好きで、私がお金持ちを目指そう!なんて考え始めたずーっと前から愛読しています
新刊が出ると必ず購入♪

名香智子さんの作品の主人公はお金持ちという設定がとても多いです
それもちょっとしたお金持ちではなく、使い切れないほどのお金を持っているお金持ちです

そんな主人公たちは普通のサラリーマンとは考え方や価値観が全然違っていて、イキで面白い人たちなのです

今回紹介するマダム・ジョーカーの主人公は、夫が膨大な遺産を残してくれ、自由気ままに暮らしている、とびきり美人の未亡人です

有名人でいうと30代のデビィ婦人というところでしょうか?(^^;

最初のお話が、売れ線狙いで小説家として一気に成功してしまった若者が、ブランド品や見栄えだけの恋人を選び、真のお金持ちにバカにされまいと頑張ってる、というもの。

この未亡人はそういったたぐの人が全く理解できないのです。

真のお金持ちって「物」で価値観を乱したりしないんですね

この漫画を初めて読んだ5、6年前は、何も考えずにただ面白いな、と思って読んでいたのですが、お金持ちについて学んでいる今は、お金持ちの考え方のノウハウがいっぱい詰まっていたんだ〜とびっくりです!

残念ながらアマゾンのアフィリエイトで検索しても出てこなかったので今回のブログには載せられませんが、アマゾンで普通に検索すれば出てくるので興味のある方は直接探してみてください♪
madamu.jpg
ラベル:名香智子
posted by さかいえ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

人を見極める

ユダヤ人大富豪の教え@アメリカ旅立ち篇 原作:本田健 作画:今谷鉄柱

今日は以前読んだ「ユダヤ人大富豪の教え」のコミックを読みました。

小説がかなり感動し、これから幸せなお金持ちになる私にとって様々な事を教えてくれるものでした。

本は読まなそうだけど、漫画は大好きという知り合いに勧めてみようかな、と思い買ってみました

私はコミックより小説の方が感動しました
小説を最初に読んだということもあるかと思いますが・・・
小説が苦手と言う人にはやはろオススメです

きっと今まで自分が思っていた常識が打ち破られる人は多いんじゃないかな

今回コミックで、

「できるだけいろんな人とつきあいなさい。そして遭って5分でその人がどんな人か見極めることだ」

という師匠のセリフがあります。
このセリフはいろんな自己啓発本に書いてあることで、見るたびに今から5年ほど前、強烈な人物に会ったことを思い出します。

外面がメチャメチャ良くて、口が達者で、言ってることとやってる事が全然違う人

この人は、当時近くにいたときはかなり振り回されてしまいましたが、今思えば本当にいい経験になりました。

人を口だけ見ることはしないようになりました
人伝いの噂話はどんなことでも真に受けないようになりました
人の話の本心を見るようになりました

もちろん、まだまだなところはたくさんありますが、最後の「人の話の本心を見るようになりました」ということが、私の毎日の平凡な生活をとても面白くしています


ラベル:本田健
posted by さかいえ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

ポジティブシンキングはなぜうまくいかないのか?

ポジティブシンキングを知り、実行して半年くらいの頃、

「何でもポジティブに考えるとそれが実現して幸せになれるらしいよ」

と、かなり苦しそうな友人に言ったことがあります。
それに対して返ってきたセリフが、確か

「自分は飽きっぽいんですね。今、すごく辛いけど、幸せになって幸せが続いたらその幸せな状態に飽きてしまう気がするんですよ」

そのとき私はなんて返答したんだっけ?
返答したセリフは覚えてませんが、嫌悪感を感じたのは覚えています

私もまだまだですね

そのときは分かりませんでしたが、きっとあの時は、自分の意見が受け入れてもらえなかったことが寂しくて、その感情が嫌悪感に変わってしまったんだと思います。

そんな状態もありのままに受け入れられれば嫌悪感なんて感じずに済んだのに

昨日に引き続き、本田健さんの「夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵」の中にある

ポジティブシンキング(前向き思考)はなぜうまくいかないのか?

を読んでそんなことを思い出してしまいました


ラベル:本田健
posted by さかいえ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

大好き♪本田健

夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵 著:本田健

本田健さんの本は何冊か読みましたが、どれもとても学べるものでした。
このブログを書くにあたって、

本田健さんって何で知ったんだっけな?

と、考えてしまいました

2年ほど前、人間関係が崩れに崩れてしまったことがありました。
あまり人付き合いについて深く考えないで生きてきた私にとって、驚く出来事でした

3×年間生きてきて、初めての出来事
悩みが無いのが悩みと言う私は始めて悩むという経験をしました

もうろうとしているときに、愛読しているブログで人間関係について悩んでいる人向けの本が紹介されていました

何かヒントになるかな?

と安易な気持ちでその紹介されている本を読んでみました

そうしたら、今まで考えもしなかったことがすうっと理解できるではありませんか!

世の中にはこんな本もあるんだ〜

と感激した私は人間関係とか幸せとかそういった本を探しまくり、読みまくりました

本を読むだけで、何ヶ月も悩んでいた事が紐解いていくのです

これは私にとってすばらしい経験でした

自分が悩んだり、知りたいことって、私以外にも経験してる人がたくさんいて、彼らはそれらを惜しげもなく本にして教えてくれているのです!

困ったこと、知りたいことがあればとりあえず本を探してみよう♪

今はインターネットという便利なものがあるので、検索キーワードを入力すれば簡単に関係のある本がずら〜っと出てきます

もちろん当たり外れはあるし、本を読んだだけでは解決できないこともあるけれど、ヒントにはなります(^^)

インターネットで「幸せ」をキーワードに本を探すと、かなり高い確率で本田健さんの本は上位表示されます。
そのとき表示された「きっとよくなる!」という本は読みました。これは本田健さんの代表作だけあって、とっても読みやすく、私の周りの人にも教えたい〜(><)って思えるものでした。

で、あるとき古本屋さんで「大好きなことをしてお金持ちになる 著:本田健」がふと目に入り、思わず購入

これがかなり面白かったんですよね。
私にとっては「きっとよくなる!」より面白かった気がします。
でも、「大好きなことをしてお金持ちになる」がとっても面白く感じたのは「きっとよくなる!」を読んだ後だったからのような気もします(^^;

今日ご紹介する本はその「大好きなことをしてお金持ちになる」の続きです。幸せなお金持ちになるために足を踏み込んだ人が待ち受ける数々の困難をどう乗り越えるか、そんな本です。

本田健さんのこれらの本はシリーズものなのですが、連番がふってないので、どれが1巻なのか調べないといけませんが、何から読んでも面白いかも??



ラベル:本田健
posted by さかいえ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

メルマガで稼ぐ

1億稼ぐ!メールマガジン私の方法 著:石田健

先月まで新聞配達の仕事をしていました

今は専業主婦というとても恵まれた立場にいます

夫婦の場合、夫が仕事を辞めるとなると一大事だけれど、妻が辞める場合は家族の誰もおとがめない
世間の皆さんの目も温かい

旦那様の存在ってほんとありがたい

仕事辞めて今日で5日目。私は大学に入ってからすぐアルバイトを始め、その頃から今まで出産以外で無職になったのは初めて

今のところ快適です
暫くはゆっくりしようかと思ってます

ということで、時間が出来た私はパソコン使って稼いでみようかなと。

どうやら決められた事をきちんとやればそこそこ稼げるらしい
(きちんとやれば、というのがかなり難しいっぽいので、安易に考えないでね)

普通、そういうのは自分で試行錯誤しながら見つけるものだけれど、それを惜しげもなく教えてくれるところを発見!

そこで読んでおくようにと勧められた本が今日紹介する本です

著者の石田さんのサクセスストーリーでした
誰もがマネできるもんじゃないかな

彼は「毎日1分!英字新聞」というメルマガで10万件の登録をゲットしています。これに広告を載せて月100万以上稼いでいます

羨ましい話ですね(^^)

メルマガに広告を入れるのは良くない!というご意見もあったらしいのですが、そこは発想の転換
広告を載せるとメルマガのレベルもアップするんですよ


ラベル:石田健
posted by さかいえ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

普通はつらいよ

普通はつらいよ 著:斉藤一人

私は実の両親がちょっと苦手です

幼い頃にひどい目に合わされたとか、虐待されたとか、そういうのは全然ないんです
どちらかと言うと、とってもかわいがって、大切にしてもらったんだと思います

でも、苦手なんです

大学が決まって、実家を出て一人暮らしを始めるときは、正直、「家を出られる」と、ほっとしたのを覚えています

私の両親は私を自分たちの思うように動かしたい、そんな気持ちが強く感じられます

口では理解ある親を装っているが、本音は違うところにある

私としてはなんとか打破したいと思うのですが、これがなかなか(^^;

そんな中、斉藤一人さんのこの本を本屋さんで見つけ、パラパラめくると

「親なのにどうしてわかってくれないの?」

という言葉が目に入りました。
この考え方は間違っている、と一人さんは断言しています

そうなのかもしれない・・・

ではどうすればいいの??

一人さんの言うように実践すれば楽になるのかもしれません

今の私の状況ではなかなか難しいやり方ですが・・・

まずは、親に期待してはいけませんね
そういうものだと分かれば楽になると思います
この「分かる」という言葉も簡単に書いていますが、人間、頭で分かっていても本音はついつい期待してしまうのです
これが本当に期待しないといことが理解できれば、私は本当に楽になれる気がします


ラベル:斉藤一人
posted by さかいえ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

あるがままを受け入れる

神さまに好かれる話 著:小林正観

小林正観さんは大好きな作家の一人です
トイレ掃除をするとお金に困らないと語ったことで有名になりました(^^)



あるがままを受け入れる



子育てについてとても考えさせられました

子どもが自分の思い通りになるときは喜び、そうでないときは悲しむ





私はそんなことないよ!



と反論がきそうですが、自分の子どもに対して否定的に扱ってしまう


以外と無意識にやってしまっているのではないでしょうか?


この本では障害者の子どもを持つお母さんのお話を例に説明してくれています。

お母さんはある治療をしたら子どもがとてもよくなったのでとても喜んだ。しかし、暫くすると改善が見られなくなり、以前の症状に戻ってしまったので、その治療をやめてしまった。今とても辛いとのこと。

正観さんはなんと答えたと思いますか?



私はとても心にしみました。



ウチの次男はつまらないことでよく文句を言います
私にとってつまらないことでも本人にとっては重要なのかも!?(^^;

好きなおやつがないだの、晩ご飯のおかずが気に入らないだの、なんでおもちゃを片付けないといけないのか、などなど



あまり否定的な事を言うと雲気が下がる事を勉強した私は




「なんでそんなに文句ばっかり言うの!どうでもいいことにいちいち文句言ってたら悪いことが起きるよっ!」



って、否定的な事を言うのは良くないことを教えたくて次男にこのように言ったのですが・・・








あれグッド(上向き矢印)



否定的なこと、私も言ってるじゃんって(^^;

文句ばっかり言っている次男のありのままを受け入れようかと思います


と言っても、そんな簡単にはいきませんけど(^0^;;




私のこんな例では全然感慨深いものではありませんが、
先ほどご紹介した障害者の子どもを持つお母さんに対する正観さんの答えはとても素敵です

宇宙の法則をご存知の方は是非!!


ラベル:小林正観
posted by さかいえ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。